第32話「古代湖の鱒と未来の釣り」

更新日:9月8日

「釣り画報」2021年8月号(ミリオンエコー出版)

佐々木洋三の独断的「魚・酒・学」




アングラー憧れの日本固有種の琵琶鱒を狙う。


船に乗り込むと、「キリッキリッ、キリリリ…」と、カイツブリの特有の鋭い鳴き声が湖畔から響き渡る。昔は鳰(ニオ)と呼び、琵琶湖は「鳰海(にほのうみ)」と呼ばれた。だから、滋賀の県鳥に制定されている。



日本最大の湖、琵琶湖のトローリングは、まるで北米の湖で釣りをしているようなスケールの大きさ。


キープできるビワマスは一人5匹まで。カナダのように資源保護と持続可能な漁業と遊漁の関係(SDGs)を目指し、日本初、県・漁業関係者・遊漁船事業者が共存ルールを作り上げた。



釣り上げたビワマスは刺身と燻製にし、山崎とマリアージュ。

ストレートグラスで、ちびり!

うまいんだな、これがっ❣️


この琵琶鱒トローリングのルールが、海釣りにも定着したら、素晴らしいのに…❗️


#釣楽夜酔

#釣り画報

#ミリオンエコー出版

#滋賀県

#琵琶湖

#白髭神社

#白髭神社のご来光

#琵琶鱒

#ビワマス

#日本固有種

#カイツブリ


#山崎 サントリー

#釣魚料理

#琵琶鱒の燻製

#和食


#fishing

#lurefishing

#琵琶鱒トローリングガイド

#鱒屋

#キングフィッシャー号

#竹之下誠 船長

#琵琶トロ

#FISHINGLABOさゝ木

#SASALABO

#ささラボ

#佐々木洋三

#hiromisasaki


22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示